高島芳幸vs山本伸樹x山口 亘

6.21(Mon) – 7.3(Sat) 2010

PM12:00PM7:00 (Last Day PM5:00) 

Closed on Sunday





SPIRIT PRODUCTS CONCEPTION 2010 ~時代と精神~


開催日程

2010年6月21日(Mon)~7月3日(Sat) PM12:00~PM7:00(最終日PM5:00) Closed on SundayPROFILE


 

 

PROFILE

高島 芳幸 (TAKASHIMA Yoshiyuki)


作品
「2010. 2 ~ 2010. 6 に東京近郊の美術館で開催された展覧会のポスターを、日本橋のSPCギャラリーの壁に貼る、もしくは美術の歴史を確認する。」
・トレペによるマーキングされた21枚のポスター(B2) / 6月26日、1枚入れ替える。・ICテープ / 壁面 / インスタレーション 2010


< 展示風景 >

< ディテール1 >

< ディテール2 >

< 6月28日の記録 >


【 主な個展 】

1985 「関係1985」 (アートスペース・コア/束京)
1987 「関係 Jun.1987」 (ギャルリー・スズキ/埼玉)
1988 「関係 Mar.1988」 (真木画廊/東京)
    「開係 Oct.1988」 (かねこ・あ一とG1/東京)
1989 「関係 Feb.1989」 (ギャラリー伝/束京)
    「間係 July‐1989」 (真木画廊/東京)
1990 「開係 Feb.1990」 (柳沢画廊/埼玉)
    「関係1989~1990 with Landscape」 (ガロ・アートスペース/埼玉)
    「聞係1989-1990/PAPER&WOODWORKS」 (O-LAND ART SQURE/埼玉)
1991 「関係 Oct.1991」 (J2 GALLERY/東京)
1992 「関係 Jan.1992」 (ギャラリー伝 & FLOOR. 2/束京)
    「関係 May.l992」 (ギャラリーK/束京)
1993 「関係 May.1993」 (真木・田付画廊/東京)
1994 「関係 Mar.1994」 (浦和マチエック/埼玉)
    「Fu. May l994」 (ギャラリーK/東京)
1995 「Fu. May l995」 (真木・田村画廊/東京)
    「Fu. July l995」 (KIM NAE HYUN ART GALLERY/ソウル・韓国)
1996 「-物・間・為-Fu.(Mayl996)」 (ルナミ画廊/東京)
1997 「用意されている絵画-Fu.(May‐1997)」 (真木・田村画廊)
1998 解放された視野・2高島芳幸展「用意されている絵画一Fu.(Apr. 1998)」 (ルナミ画廊/東京)
    「用意されている絵画-Fu. (May.1998)」 (西瓜糖/東京)
    「用意されている絵画-Fu. (Nov.1998)」 (Gallery彩園子/岩手)
    「関係 Nov. 1998」 (Gallery彩園子2/岩手)
1999 「用意されている絵画-Fu. (Feb.1999)」 (Gallery FLOOR. 2/東京)
    「聞係 July l999」 (真木・田付画廊/束京)
2000 ことばの領分・高島芳幸展「用意されている絵画一Fu. (July‐2000)」 (ギャラリーそわか/京郡)
    「用意されている絵画-在るもの/見えるもの」 (マチェック・高円寺/東京)
2001 「用意されている絵画-在るもの/在ること」 (ギャラリー 伝 & Gallery FLOOR. 2/東京)
    「用意されている絵画-在るもの/在ること」 (ギャラリ一現)
2002 「関係Sept. 2002」 (マチェック・高円寺/東京)
2003 「用意されている絵画-絵画を置く-」 (SPC GALLERY/東京)
2005 「用意されている絵画-Painting-」 (ギャラリー現/東京)
2006 「存在から関係へ」 (The ART STAGE PORALIS/神奈川)
2007 「用意されている絵画-絵画という時間-」 (ギャラリー睦/千葉)
    「用意されている絵画-絵画という時間 2-」 (ギャラリー現/東京)
2008 高島芳幸展 (現代HEIGHTS Gallery Den.ST/東京)
2009 「用意されている絵画-絵画という時間 3-」 (ギャラリー現/東京)

【 主なグループ展 】 1984 第7回現代美術の祭典コンクール・優秀貫 (埼玉県立近代美術館)~’87
1985 第3回吉原治臭美術貫コンクール (大阪府立現代美術センター)
    モダンアート展 (東京都美術館)~2000
1986 現場’86展-内在する暴刀・暴動の衝突展 (福島県立支化センター)
1987 現場’87展-通行する日常と非日常展 (福島県桑折町体育館)
1989 第19回現代日本美術展 (東京郡美術館.京都市立美術館)
    ’89アクリラート展 (O美術館/東京)
    EX‐IT (スペースAD.2000/東京)
    ’89コンテンポラリー・アート・フェスティバル (埼玉県立近代美術館)~99
    NOT TITLE SUMMER’89現代アーチストセンター展 (束京郡美術館)
1990 聚繖花序 (埼玉県立近代美術館)
    名栗湖野外美術展90 (名票村/埼玉)~92
1991 Get out F32。 (東京都美術館)
    ’91TAMON賞展/優秀賞 (柏・そごう/千葉)
    滝沢アートフィールド ’91 (滝沢村/岩手).91.93.95.97.01.03.05.07.09
1992 磁気状況’92 part I (Gallery 彩園子/岩手)
    1992春宮崎町美術展 (宮崎町宮城)
    野外の表現展92 (北浦和公園/埼玉)
1993 名栗湖国際野外美術展93~95.97.99 (名栗村/埼玉)
1994 日韓現代美術交流展 (船橋市民ギャラリー/千葉)
    原風景7,8 (束京都美術館)
    EX’ (千葉県立美術館)
1995 韓日現代美術交流展95「末来への予感」 (清州/韓国)
1996 ART FROM 蔵王 (山田牧場/宮城).96.98
    子午線96・美術のユートピア (霊山町/福島)
1997 芝山国際野外アート展97 (芝山町/千葉)
    CONTEMPORARY ART FROM JAPAN (HAFNARBORG/ICELAND)
    トラッシュライブ’97 (台場/東京)
    断片一関係 Fragments‐Relation (ルナミ画廊/東京)
1998 第9回嬬恋高原芸術展~99 (嬬恋村/群馬)
    森の郵便局みやしろ「トライアングル 芽 種 土」 (笠原小学校/埼玉)
    トラッシュライブ’98ゴミと美術家達展 (西新宿中央通り歩道/束京)
1999 国際現代美術展「波動1999~2000」 (光州市立美術館/韓国)
    アーティストの周縁 (アートスペース・トキ/東京)
    昭和24年会+2/2000年展 (アートスペースわらぴ荘裏空き地/埼玉)
2000 The Movements of the Arts[芸術の胎動] (ミューズ ザ・スクェア/埼玉)
    国際現代美術展「波動1999-2000」 (神奈川県民ホール/神奈川)
2001 SPIRITの旅行・2001 (ギャラリーアート2001/C,/福島)
    再会プロジエクト・国際環境美術展 (大森ベルポート/東京)
2002 日韓O円周のない円展「The Voyage through the modern art of Yamate」 (横浜・イギリス館/神奈川)
    美術の現在・現在の美術 (ギャラリーアート2002/福島)
    釜山国際環境芸術祭 (龍頭山美術館/韓国)
    第5回 我孫子野外美術展 (我孫子市・古利根の森/千葉).07
2003 平面と立体の間-インスタレーション・高島芳幸 (うらわ美術館/埼玉)
    国際現代美術展=21世紀現代美術と今= (光州ビエンナーレ美術館/韓国)
    国際野外の表現展 2003比企, (東京電機大学キャンパス/埼玉).04.08
    ART COCTAIL 2003-05 (山脇ギャラリー東京)
2004 04 アイスランド・日本現代美術展 (ハフナルボルグ/アイスランド)
    国際現代美術展「眼差しの東洋, 手の記憶-沖縄からの発信」 (浦添市美術館、旧国頭村立小中学校/沖縄)
2005 日韓現代美術展「環流」-共鳴, 共振する場- (大谷地下資料館、現代史資料館、Gallery GOTMOI/韓国)
2006 CAF.N Michigan Exhibition (Duderstatdt Center Gallery,The University of Michigan/アメリカ)
    ART MEDICINE Project 1stGIG (東京都美術館)
    ART COCTAIL 2006 in 笠間 (大谷石倉庫/茨城)
    千早赤阪村野外美術展 in 金剛山 (大阪府)
    第6回「かたち・ふれあい」展 (実践女子大学/東京).07.08
    美術計画2006 (村田商人ヤマショウ記念館/宮城)
2007 CAF.NEBULA in 松江 (島根県立美術館/島根)
    接近展part4 (府中美術館・府中郷土の森博物館/東京)
    美術計画2007塩竃 (旧徳陽シテイー銀行/宮城)
    「11人の;」 (東京都美術館)
    千早赤阪村野外美術展 in 棚田 (大阪府).09
    日韓現代美術展2007―多面体― (川崎市市民ミュージアム/神奈川)
2008 Art Base Null 作家交流展 in 山田家 (大阪).09.10
    現代の掛け軸展 (ラトビア国立海外美術館/ラトビア)
    アートinはむら展 (羽村市生涯学習センターゆとろぎ/東京)
    「独り+35人の原風景展」 (東京都美術館)
    「ギャラリー彩園子の現代作家50人展」 (ギャラリー彩園子/盛岡)
    相模川野外アート展 Water Link 2008 (相模湖交流センター/神奈川)
    波動展2008 (矢吹町ふるさとの森・芸術村/福島)
2009 SPIRIT PRODUCTS 展 Vol.2 上坂公輔 × 高島芳幸 (SPCギャラリー/東京)
    第8回まつしろ現代美術フェスティバル (旧松代藩文武学校・剣術場/長野)
    画廊からの発言09 (ギャラリー なつか/東京)
    中之条ビエンナーレ2009 (中之条町各所/群馬) 
    「田人の森に遊ぶ」アートミィーティング2009 (ギャラリー昨明、他/福島)
    波動展2009 (あだたら高原美術館-青-)
    ART COCKTAIL in 笠間 2009 (笠間市内・空き店舗/茨城)
    THE LIBRARY「本」になった美術 (静岡アートギャラリー/静岡.足利市美術館/栃木)
2010  Tama Art Walking (くにたち郷土文化館/国立)
     SPIRIT PRODUCTS CONCEPTION 2010 Vol.4 高島芳幸 vs 山本伸樹 × 山口亘 (SPCギャラリー/東京)
2010  日越交流報告展 ホーチミンの16人(SPCギャラリー/東京)

【 主な舞台インスタレーション 】 1996 「鶏アタマ/1000, 2/1000」叛適信 (浦和マチェック/埼玉)
2000 「COME ON GET HAPPY」叛通信 (浦和マチェック/埼玉)
    「DIG DOG」/TPCB (浦和マチェック/埼玉)
2002 かなざわ国際演劇察2002「HITBOL」/TPCB (かなざわ芸術村/石川)
2006 ACkid 2006/喜多尾浩代ダンスコラボレーション (キドアイラック・ホール/東京)
2008 ACkid 2008/長岡ゆり舞踏コラボレーション (キドアイラック・ホール/東京)
2009 MCAF 2009/アンジー・シエ〈パフォーマンス〉 (旧松代藩文武学校/長野)

【 パブリック・コレクション 】 HAFNARBORG (アイスランド)

【 文献 / その他 】 同人雑詰「孤帆」8号『(関係)としての絵画/高島芳幸論』 (高橋博夫)
現場 ’86展記録集 展評 (田野金太)
磁気状況 ’92 展評 (金野吉見)
壁新開「彩練子」1992( 金野吉昆)
ACRYLART vol.9(Moving Now〉 (作家)
’89アクリラート展カタログ (作家)
聚繖花序カタログ (作家)
「関係 May 1993」個展カタログ (高橋博夫)
同人雑詰「孤帆」14号『私の「表現」をめぐって』 (作家)
CONTEMPORARY ART FESTIVAL 93~99カタログ
Works 1992-1997高島芳幸「用意されている絵画」カタログ (山岸信郎、高橋博夫)
「ことばの領分」・高島芳幸展カタログ/展評 (篠原誠司)
THE LIBRARY カタログ (篠原誠司)



PROFILE

山本 伸樹 (YAMAMOTO Nobuki)

1984年 東京芸術大学大学院を修了後、ギャラリー21で初個展。以降ギャラリーK、真木画廊、SPCギャラリー、いわき市立美術館等を中心に個展多数。 一方「大谷地下美術展」「現場89~90展」等、数多くの野外での美術展に参加。又「檜枝岐パフォーマンスフェステイバル」等、パフォーマンス作品にも関わり、イーブル等の韓国作家達と海外交流も展開。この他ベルギーをはじめとして多くの海外展に参加。 特に
2004年 トルコAKBANKギャラリー、イランのテヘラン現代美術館に招待出品。
2006年 横浜赤レンガで、「日本 – イラン現代美術展」に参加。 同年、東京都美術館で、SPC企画の「ART MEDICINE 1stGIG」に参加。
2008年 シカゴエフィファニー教会で、パフォーマー加藤文子氏とのコラボレーション「Ten Night Dreams」公演に参加、好評を博する。
2009年 折元立身氏企画の「東京ベルリン交流展」に参加。 福島県いわき市在住。 2010年 現在、いよいよ加速充実中。

 

作品

軽トラック、新聞紙、のり (でんぷん、水) / 床面、空間 / インスタレーション 2010


< 6月28日の記録 1 >
< 6月28日の記録 2 >
< ディテール1 >
< ディテール2 >


【 最近の主な経緯 】
 
2010 X’ mas オークション展 2010 (SPCギャラリー/東京)
    SPIRIT PRODUCTS CONCEPTION 2010 (SPCギャラリー/東京)
2009 現代アーチストセンター展 (東京都美術館/東京)
    東京ベルリン交流展 (HIGURE17-15 cas/東京)
    「田人の森に遊ぶ」アートミィーティング2009 (ギャラリー昨明、田人町、他/いわき)
    個展 (エリコーナ/いわき)
2008 「Ten Night Dreams」公演 参加 (シカゴ/USA) 他
2007 現代アーチストセンター展 (東京都美術館/東京)
    個展 (閑々居/東京)
2006 ART MEDICINE 1stGIG (東京都美術館/東京)
    個展 (SPCギャラリー/東京)
    TAIWA日本ーイラン現代美術展 (横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜)
2005 日韓現代美術展「還流」 (現代詩資料館榛名まほろば/前橋、大谷地下資料館/宇都宮)
    韓日現代美術展「還流」 (MALIN Gallery/釜山)
    個展 (SPCギャラリー/東京)        
2004 The Rising sun 日本の現代美術 (テヘラン現代美術館/テヘラン、イラン)
    Now Here and AS Bare AS Can Be (AK Bank Culture Art Center/イスタンブール、トルコ)
    「逆光」 (Gallery ブロッケン/東京)
    「田人の森に遊ぶ」2004アートミィーティング (田人町/いわき)
    Drawing Drawing 展 (ギャラリー昨明/いわき)
    個展 (ギャラリーいわき/いわき)    
    ニューアートシーンいわき「水に浮かぶ星」 (いわき市立美術館/いわき) 
2003 Hot Head Works2003「身体が赤レンガに出会う」 (横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜/02~) 
    UFUK 現代日本美術展 (トルコ日本飢饉文化センター/アンカラ、Caferaga Medresse/イスタンブール、トルコ)
2002 Hot head Works (スパイラル青山/東京)
    円周のない円 (神奈川県民ホール/横浜)
    ナインへッズドラゴン (九竜湖/韓国)
    平アートさんぽ (いわき)
2001 アートミ-ティング「田人の森に遊ぶ」 (田人町/いわき/~02)     
2000 C.R.A.N.ESymposium (ブルゴーニュ/フランス)
    Inner spaces multimedia (ポツナン/ポーランド/~01)
    半島1 (三浦)
    AquaCerebrationn (西荻ウエンズ/東京)
    DrawingDrawing (ギャラリー昨明/いわき)



PROFILE

山口 亘 (YAMAGUCHI Wataru)

Execution Partner with Nobuki Yamamoto. since 2005 Japan – Korea.
Single debut 2010 SPC GALLERY. Tokyo Japan.

 

東京生まれ。東京芸術大学卒業。現在、埼玉県さいたま市在住。

 

作品

ボール、トレーシングペーパー、わた、テグス、糸、ホットボンド / インスタレーション 2010


< 6月28日の記録 >
< ディテール1 >
< ディテール2 >
< ディテール 3 >


【 主な経歴 】

2010 SPIRIT PRODUCTS CONCEPTION 2010 (SPCギャラリー/東京)
2009 現代アーチストセンター展 (東京都美術館/東京)
2007 現代アーチストセンター展 (東京都美術館/東京)
    山本伸樹 + 山口亘 (閑々居/東京)
2006 ART MEDICINE Project 1stGIG (東京都美術館/東京)
    山本伸樹 + WWW.YYY (SPCギャラリー/東京)
2005 山本伸樹 + WWW.YYY (SPCギャラリー/東京)



SPIRIT PRODUCTS CONCEPTION 2010 ~時代と精神~ へ戻る